アドミタンス式レベルスイッチはサイロやホッパ、タンクなどに貯蔵されている原料(粉体・液体)のポイントを検出するスイッチです。

『検出電極』『接地電極』『ガード電極』の3つの電極から構成され、動作原理は、一般的な静電容量式レベルスイッチと同様に『検出電極』と『接地電極』の間の静電容量値の変化を信号として監視しています。

アドミタンス式レベルスイッチは、粉体から穀物のような粒状物質、また液体の貯蔵レベルまで幅広く利用することができます。

特長

アドミタンス式レベルスイッチは付着に強く、静電容量値の変化量が僅かなものでも検出することが可能です。

ガード電極は、周囲環境の不要のノイズ成分をカットすることができるため付着に強く、また検出電極部のみで微量の静電容量値の変化を検知することができます。

■3つの電極を採用

(検出電極、接地電極、ガード電極)

・付着の影響を受けない

・検出電極のみで確実に動作

・微小な静電容量の変化にも反応

 

■標準アンプで低感度域から高感度域まで幅広くカバー

 

■粘性の強いスラリー状の液体にも対応

 

■カバーを閉めた状態で動作が一目でわかるLEDランプを搭載

・非検出時:グリーン / 検出時:レッド

アプリケーション例

付着物が堆積するような環境でも誤動作せず、検出することが可能です。

製品ラインナップ

標準タイプ

ワイヤータイプ

アドミタンス式レベルスイッチの製品ページ、カタログダウンロードはこちら

http://www.matsushima-m-tech.com/product-information/level-switch/admittance-LS.html