トレーサーキャムは、録画機能と通信機能を搭載した懐中電灯型レコーダーです。
SDカードに録画しながら、通信機能によりライブ映像を遠隔地でモニタリングすることが可能です。

特徴

GPS機能を搭載しているので、マップを見ながら本体の現在地を確認することができます。

システム構成図

ライブ配信機能
本体を3G/4G/LTEの回線や無線LAN(WiFi)を介してライブ映像を遠隔地で見ることができます。
GPS/マップ機能
本体のGPSとTC Serverのマップ機能が連動しているので、本体の現在地をPC上で確認できます。
バックアップ
本体をドック(付属充電台)に接続すると、本体内部のSDカードに蓄積したフルHDの高画質な映像を見ることができます。
ブザー機能
本体についているアラームボタンを押すと、TC Server側でアラームをキャッチするので、本体側で問題があった場合、早急にキャッチアップすることができます。
※充電をしながら録画データーをサーバーへバックアップ ※PCに本体付属のソフトウェア(TC Server)のインストールが必須となります。

利用シーン

利用シーン1

災害地などで現場の状況確認として使うことができます。

利用シーン2

監視センターなどで複数のトレーサーキャムの現在地をモニター越しに確認することができます。

利用シーン3

緊急時に本体のアラームボタンを押すとTC Serverに通知がされます。

用途アプリケーション例

【警備】
 巡回時の映像を記録、巡回ルートの事後確認
【メンテナンス】
 遠隔地から現地の様子をライブ確認可能。
 トラブル時などに遠隔地から、状況に合わせた的確な指示が可能