東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 教授

生田 幸士

1972年 大阪府立住吉高等学校 卒
1977...もっと見る
1972年 大阪府立住吉高等学校 卒
1977年 大阪大学 工学部 金属材料工学科卒業
1979年 同学 基礎工学部 生物工学科卒業
1981年 同大学院 博士前期課程物理系・生物工学専攻修了
1987年 東京工業大学 大学院 理工学・EE、究科 博士後期課程・制御工学専攻修了 (工学博士)
同年4月より米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校ロボットシステムセンター 主任研究員
1989年 東京大学 工学部 計数工学科 専任講師
1990年 九州工業大学 情報工学部 機械システム工学科 助教授
1994年 名古屋大学大学院 工学研究科 マイクロシステム工学専攻 教授
2010年4月 東京大学大学院 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 教授
2010年10月 東京大学 先端科学技術研究センター 教授 (兼務)

1996年-2001年 日本学術振興会 未来開拓学術研究推進事業 複合部門「生命情報」推進委員
「人工細胞デバイスの開発」プロジェクトリーダー
2003年より 21世紀COE研究サブリーダ
2004年より2009年 名古屋大学 高等研究院 研究員併任
2004年より2009年 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 CRESTタイプ プロジェクトリーダー

所属学会
IEEE,ASME,日本機械学会,日本ロボット学会(理事,会誌編集委員長),日本ME学会(会誌編集委員),
日本コンピュータ外科学会(理事)等会員.

今年の 3 月下旬、ワシントン DC にある学術雑誌サイエンスの本部 AAAS に、世界から 20 名近い研究者が招聘された。これが「サイエンスロボティクス」の初の編集会議である。しかし、筆者だけでなく他の研究者たちにも、サイエンスの目指す方向は不明であった。

まず人ありき

 初日、会議室に現れた顔ぶれは意外であった。現在のロボティクス分野の学会や学術誌の中心メンバーも数名いたが、大半が SF に負けない未来的なロボットを研究してきた研究者たちであった。具体的には、手術ロボット、マイクロロボット、ナノロボット、バイオロボット、細胞ロボット、海洋ロボットなどの未踏分野である。

 冒頭、編集長(Editor in chief)のインペリアルカレッジの Yang 教授(本コラム No.4 参照)と事務長から、新ジャーナル発刊の主旨説明があった。面白いことに今秋に発刊が決まっているにもかかわらず編集方針を決めることが今回の会議の目的であった。

市場は創るもの?

 各自に与えられた課題は、サイエンスロボティクスで扱うべき研究分野と編集方針である。筆者は、将来出現するロボットや分野の定義を現時点で行うことはあまり意味がないと考え、「今、定義を決められるなら新規性は薄い。真に重要なことはイノベーションであると」話した。さらに「編集方針は従来の学会誌のように論文が並ぶだけの体裁より、サイエンスの体裁がベター」であるとも。

 サイエンスには査読された論文やレビューも掲載されるが、Editor’s Choice 欄がある。これは編集者らが他の学術誌に掲載された論文から、サイエンスの読者に興味があるネタを紹介するユニークなコーナである。

 このコーナの貢献のひとつは、旧来の学会では十分理解されず高い評価が得にくい斬新な学際研究を世界的に有名にし、激励することになっている点である。ここに掲載された後、大型予算が付いたり、その研究者が認められるケースが多々ある。編集者の方向付けで新しい研究分野が構築されて行くわけである。そして大きくなった新規研究分野の成果がサイエンスの論文として投稿、掲載されるサイクルができる。研究論文における市場形成とも言える。

最終結論は進行形

 2日間の討論の結果、多くの賛同を得た内容とは、医療福祉、バイオ、マイクロナノ、AI などと学際研究は当然であるが、心理学、倫理学、社会学、哲学、法律学など社会科学と連携するテーマ群にも焦点を当てることであった。筆者はロボット倫理学、ロボット法律学などは早急に構築すべき課題として強調し、現在のロボットとは異なる形態の広義の知能機械システムや、再生医療を加速する自動機械などの分野を強調する提言をした。

 高度なセンサーや新原理メカトロニクスなど最先端の「部品」はどうするのかとの意見もあったが、革新的であれば大歓迎とされた。

 20 人に満たない編集顧問委員の増員も検討されたが、集まる論文の分野に応じて追加すればよく、先走っての増員は控えることになった。結論は、すべて「進行形」なのである。悪く言えば「不確定なジャーナル」であるが、実際は「動的に成長するジャーナル」となった。トップダウンのスタートでありながら、内容は曖昧さを持つ進行形。いかにも米国流である。日本では難しい。

投稿のポイントは

 サイエンスの姉妹ジャーナルとしての効果は未知であるが、上記の主旨を理解し、論文を書けば分野違いの研究者も理解されるはずである。たとえば森政弘東工大名誉教授が 1970 年台に発想された「不気味の谷」(本コラム、No.10 参照)は、ロボットと心理学を結ぶ重要な示唆を持った内容であった。当時は学会誌ではなく一般誌に掲載された。現在でも哲学的な内容の論文は理工系の学会誌では掲載されにくい。もし当時サイエンスロボティクスが存在すれば歓迎されたはずである。

 もし読者が的確な学会が存在しないほど新規性が高い研究成果を得たなら、それはサイエンスロボティクスに投稿する意味がある。広い世界に論文を泳がせば、思わぬ分野からの評価と餌をもらえるに違いない。