クラウド型モバイル振動監視システム
ZARK & Machine Dossier

取り付けたそのときから振動監視が可能になる
クラウド型モバイル振動監視システム

振動解析のプロ、新川電機が新たにご提案する、これまでの状態監視の常識を変えるソリューション「ZARK & Machine Dossier」。取付けたそのときから振動監視が可能になる、クラウド型モバイル振動監視システムです。

このたび8チャンネル振動信号変換器「ZARK X8(ザーク エックスエイト)」がリリースされました!

特徴
携帯型振動計による回転機のデータ収集の無人化をIoTで格安に実現!
クラウドサーバにより社内外の機械状態監視エキスパートに異常診断原因の検討の場をIoTで提供!

システム構成

ZARK X8をアクセスポイントを経由してクラウドサーバに接続して使用します。これにより、場内の別室にいるエンジニアばかりでなく、遠隔地で勤務するエキスパートからの的確な助言を頂くことも可能です。

異常診断と改善対策実施の手順

予防保全のプロセスは対象となる回転機械の異常振動検知による警報発報から始まります。オーバーオール振動値とともに周波数帯域
の振幅の大きい順に6つのデータをクラウドサーバに送信します。

① 注意警報発生
② 波形データ収集発報
③ マルチメディアデータ収集
④ クラウドコンピュータに送信
⑤ 保全担当者がSpark®発報
⑥エキスパートが推定原因と対策をコメント
⑦ 社内検討会議
⑧ 対策の実施
⑨ 成果の確認

クラウド型モバイル振動監視システム ZARK & Machine Dossier / ZARK X8の詳細、カタログなどはこちら