BeanAir(ビーンエアー)の『BeanDevice Wilow ワイヤレスIIoTセンサ』は振動・傾斜・衝撃 3種類のセンサー、データメモリ、バッテリ、Wi-Fi通信をコンパクトに内蔵したIoTセンサです。 遠隔地での低周波振動や傾斜を無線で測定する事が可能であり、構造物健全性の監視、試験設備および計測、土地測量、状態監視、環境の監視など、さまざまなアプリケーションに対して優れた技術を提供できます。 また、サードパーティのアクセスポイントにも接続でき、既設通信インフラを活用でき出来るだけではなく、MQTT通信プロトコルに対応した接続性が高いシステムを提供します。

メリット

コンパクトかつローコストでシステム構築可能です。

縦35mm横65mm奥行59mm(ベースを除く)の大きさであり、ボルトナットで固定するだけではなく、マグネット台座や90°L字台座を用いることで壁等、場所をあまり選ばず設置することが可能です。

様々な場所で、目的で活用頂けます。 

建物などの健全性監視、橋梁流出予兆検知等 目的に合わせて各センサーを使用いただけます。

例えばこんなところで・・・

橋梁の構造ヘルスモニタリング
アンテナ基地局の傾斜監視
建設物の振動監視
高速道路インターチェンジでの傾斜モニタリング

製品特徴

多彩なリアルタイム測定モード

低消費電力のLow duty Cycleモード、警報閾値を設定することが出来るAlarmモード、
10~200Hzの周期で測定できるStreamingモード、衝撃検知により測定を開始するShockモード、
事前に設定した閾値に達すると測定開始するS.E.Tモード。
用途に合わせて測定方法を設定することが出来ます。

見やすいグラフ表示

測定する際は測定値をファイル出力するのと同時に、リアルタイムデータをグラフで分かりやすくご覧いただけます。

MQTTの活用

MQTTプロトコルを利用することで、送受信が軽量化、早くなるだけではなく、携帯電話へのデータ送信等様々なアプリケーションに応用が可能です。

リアルタイム解析機能付きソフトウェア

リアルタイム測定を行いながら、同時に高速フーリエ変換(FFT)の実施、また速度を算出することが出来ます。

製品ラインナップ

BeanDevice®WiLow AX-3D(低消費電力Wi-Fi加速度計)

X軸、Y軸、Z軸を測定できる3軸加速度計です。
測定範囲:±2g or ±10g

BeanDevice Willow AX-3D スペックシート

BeanDevice®WiLow Hi-INC(低消費電力Wi-Fi傾斜計)

X軸、Y軸の2軸を測定できる傾斜センサーです。
測定範囲:±15°or ±30°

BeanDevice Willow Hi-Inc スペックシート

BeanDevice®WiLow X-INC(低消費電力Wi-Fi加速度・傾斜計、衝撃センサー)

X軸、Y軸の2軸を測定できる傾斜計、X軸、Y軸、Z軸を測定できる
3軸加速度計、衝撃を検出できるセンサーが内蔵されたコンボセンサーです。

BeanDevice Willow X-Inc スペックシート

WiLow IOT Gateway(IOT遠隔監視ゲートウェイ)

12Ahバッテリー搭載のゲートウェイです。

Willow IIoT ゲートウェイスペックシート

アプリケーション例

橋梁の傾斜測定、リアルタイム遠隔監視

  • IoT遠隔通信ゲートウェイを活用し、リアルタイム遠隔監視
  • ワイヤレスセンサの電源はソーラーパネルから供給
  • WiFiリピーターを設置することで、ゲートウェイ(WiFiアンテナ)から離れた位置にセンサーを設置することが可能

民家の傾斜測定、事務所からの遠隔常時監視